人生で決断に迷ったら知っておきたい意外なタイミング

人生 決断 迷ったら

 

あなたはどんな決断に迫られていますか?

どうして決断する時って怖いし迷ってしまうのでしょう。

ビシッと決められたら本当は楽になれるのに・・・

人生で重要な決断ほどなかなか決められないものです。

 

では、もし納得できる決断をパッとできるようになれば?

 

そんな方法を知ってみたいと思いませんか?

僕自身、昔から考え過ぎて行動できないタイプでした。

それに気も弱くて前に進む勇気もありませんでした。

そんな僕でも独立という一代決心をして今に至ります。

 

今回の記事を読むことで、

人生で決断に迷った時に何をすべきかが分かり、

心から納得できる選択ができるようになるでしょう。

そんな意外な決断のタイミングをお伝えします。

 

前回は、自分の中にあるものを手放すことで、

自分の本音が見えて実現力が上がる話をお伝えしました。

幸せな人生を実現するための今の仕事との関わり方

スポンサーリンク

決断できない人の特徴

 

長い人生を生きていれば、

決断しなければいけないタイミングが何度もきます。

僕もこれまでたくさんの決断をしてきました。

だからこそ今の自分がここにいるんだと思います。

それは今のあなただって同じことが言えるんです。

 

  • 妥協の決断
  • 積極的な決断
  • 意欲的な決断
  • 勇気を試される決断
  • 納得できない決断
  • 複雑な思いの決断
  • 苦渋の決断
  • 他人任せの決断
  • 前向きな決断
  • 悲しい決断
  • 決断しない決断

 

いろんな決断がありますね。

人生は選択の連続と言われていますが、

僕達は常に一方を選択して一方を諦めています。

けど、なかなか決断できない人って理由はひとつなんです。

 

それは自分の中で守っているものがあるから・・・

 

毎朝、会社に行くのが吐き気がする~にも書きましたが、

人は自分が傷付かないよう守るという行動が先行します。

でも、それが決して悪いと言ってるんじゃないですよ。

守ることで自分を保つという重要な選択をしてるんです。

 

だけど、それじゃあ人生を前に進めることができない・・・

つまり頭で分かってても身体が言うことを聞かないやつです。

 

じゃあ、人生で決断に迷った時って、

どうやって納得できるようにしたらいいのでしょう。

それには以下でお伝えする意外なタイミングがあるのです。

 

 

重要だけど意外な決断のタイミング

 

僕達はキリの良いところを大事にします。

仕事だって中途半端に終わるより、

キリが良いところで終わった方が気持ちが良いですね。

よくありがちですが仕事を辞めようと思っている人で、

 

  • ボーナスを貰ってから辞めよう
  • 忙しい時期が過ぎてから辞めよう
  • 今携わっている仕事を完了させて辞めよう
  • 引き継ぎの人をしっかり育てて辞めよう

 

けど、そんなことしてる間に、

辞めるタイミングを失って辞められなくなる・・・

これは決断することにおいても同じことが言えます。

 

  • もう少し自分の能力が付いてから決めよう
  • もう少し頑張ってから決めよう
  • もう少し様子を見てから決めよう
  • もう少し待ってみてから決めよう

 

もう少し・・・

もう少し・・・

もう少し・・・

 

僕達は決断を先延ばしにする癖があるのです。

なぜなら自分の中で守っているものがあるからです。

ではそんな時にどんな考え方をしたらいいのでしょう。

 

それはあえてキリが悪いタイミングで決断することです。

 

先延ばしの反対は今すぐやることですが、

今すぐやるって準備が整ってないことが多いです。

けど人生ってやってみない限りは分からないものなんですね。

 

それにやってみて得た結果から考えた方が結果に繋がります。

 

とにかくやってみるという姿勢が大切なんです。

何もせずに考えるよりとにかくやった方が明快です。

その後に具体的に何をすべきかも見えてきます。

 

このキリが悪いタイミングって結構重要なんです。

キリが悪いタイミングで今の自分にできることをすれば、

そこから得たことを繋げて結果を得やすくなるのです。

 

 

人生のターニングポイントで大切なこと

 

こうした人生の決断って、

人生のターニングポイントであることが多いです。

仕事を転職するとか就職するとか住む家が変わるとか、

今の生活環境がガラッと変わってしまうことです。

その時に大切なことって何だと思いますか?

 

それは何かを「手放す」ことなんですね。

 

例えば最近、僕は前のアパートから引っ越しました。

引っ越すまでは5年3ヶ月と結構長く住んでました。

決断した理由はずっと憧れだった部屋が空いたからです。

副業時代から住みたかった憧れの部屋だったんです。

 

けど今までずっと長く住んでた部屋も、

それはそれでほとんど不自由なく暮らしていました。

自分にとって居心地の良い場所ではあったのです。

 

だけど僕にとっては決断しなければ、

いつまでも足踏みをしたまま変われないと感じました。

目の前にチャンスがあるのに何もしないまま・・・

それは今後の生き方にも影響すると思ったんですね。

決断で迷った時に大切なもう一つの考え方は、

 

  1. 今まで通りの決断をするのか
  2. 今までと違う決断をするのか

 

というシンプルにこの2択です。

どっちが良くてどっちが悪いと言うんじゃありません。

 

あなたにとって心から納得できる決断はどっち?

 

ということなんですね。

そこは自分を大切にする5つの方法!にも書きましたが、

自分の本音に素直に向き合うことが大切なんです。

それが人生で決断に迷ったら一番後悔しない判断基準です。

 

 

気にしている時点で決まっている

本日のまとめ:

  • 決断できないのは守っているものがあるから
  • あえてキリが悪いタイミングで決断してみる
  • 人生のターニングポイントで大切なことは手放すこと

 

どっちにしようか迷っている・・・

こうした決断に迷う時って悩んでしまいますが、

 

結局は気にしてる時点で決まってたりします。

 

というのも気にしているからなんです。

そこには”こうなりたい”という思いがあり、

その思いを実現するには決断する必要があるからです。

 

例えば好きな異性と本当は仲良くなりたいけど、

話し掛けるのが怖くて誘う決断ができないのがそうです。

自分が傷付きたくないからつい守ってしまいますが、

本当は話し掛けて仲良くなりたいという思いがあります。

気にならない相手なら別に何とも思わないはずです。

 

長い人生を生きていれば、

決断に迷うことはこれからもたくさん出てくると思います。

そんな時に今回お伝えしたような考え方を知っていれば、

 

自分が本当はどうなりたいのかという本音を選択し、

心から納得できる後悔しない人生を歩めると思います。

 

そんな幸せな人生を送るためのひとつの考え方だと、

あなたの心の片隅にでも置いておいてもらえると嬉しいです。

ぜひ、人生の決断で迷った時に考えてみて下さい。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ