今の仕事を続けるべきかと悩み続けて毎日が辛いあなたへ

今の仕事を続けるべきか

 

自分の求めてるものと周囲から求められるものの違いや、

せっかく資格や大学を出て良い会社に入ったけど不満があるなど、

僕達は今の仕事を続けるべきか悩んでしまう時期があります。

なかなか人生は順風満帆とはいかないものですね。

 

そんな時に基準となるものがあったとしたら?

 

今の仕事を続けるべきか辞めるべきかを悩み続けず、

パッと決めて次の段階へ足を踏み出すことができそうですね。

 

けど辞めるとなると周囲の人達の反応は大抵は苦いもので、

基本的に新たな挑戦をすることを応援してくれる人は少ないです。

快く送ってくれる環境ならきっとこんなことで悩まないはず。

 

僕が会社員を辞めて独立するのだって1人でした。

誰にも相談せずに怖くて不安だけど思い切って決断しました。

ですが結果としてこの判断が人生を素晴らしいものに変わりました。

今の仕事を続けるべきか悩んでいるあなたへお伝えしたいと思います。

 

(前回の自分の人生を変えるには何をしたら望む通りに変えられる?では、

やりたいことが見つからない3つの理由や行動が結果に伴わない事実など、

その上で人生を変えるめにはどんな考え方が必要かをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

手に職つけても結局不満になってしまう

 

「手に職つければ将来に不安がなくなるだろう」

「需要も続いて仕事自体も充実するかもしれない」

 

手に職つけるイメージには安泰がありませんか?

一度就職できたらずっと食うには困らないかもしれません。

そのためには必要となる資格やスキルが求められるでしょう。

 

じゃあ、そうした先の5年後10年後はどうなってますか?

 

ここのところって意外と想像してはいないのではないでしょうか。

何となくこうなっている程度のぼんやりとしたところではないでしょうか。

とは言っても先のことなんてどうなるかなんて分からないものですよね。

けど手に職だろうと一流企業だろうと共通したことがります。

 

それは本当のやりたいことじゃない結局不満になってしまう・・・

 

ということです。

そうなると心なしか我慢するということになり、

それを納得させるために自分に言い訳をして過ごすことになります。

けどそれでは我慢できないから今の仕事を続けるべきか悩んでいる・・・

結局は最初のスタート地点に戻されたようになってしまうのです。

 

もちろん、今までのことが全てムダなんて言いません。

あなたが本当のやりたいことのための必要な経験でもあるんです。

なぜなら、人は痛みを経験してはじめて知ることが多いからです。

 

 

そうは言っても簡単には辞められない

 

今の仕事を続けるべきかという悩みには、

仕事を辞めることを伝えることの億劫さもあります。

僕が独立を決断する時に続けるか辞めるかを悩み続け、

 

辞める気持ちが強くなると今度はどうやって伝えようか・・・

 

ここはまだ残っている迷いやこの先の不安など、

いろんな感情がミキサーに掛けられたように入り混じってました。

けどこれだけははっきりしていることがあります。

 

それは今の仕事が辛いなら、そこは居場所じゃないということ。

 

会社に嫌悪感を抱きながら働き続け、

そんな毎日に我慢して耐えても報われはしないのです。

なぜなら、結局今の延長線上をいくことがほとんどだからです。

あなたも今の仕事が良くなるなんて想像ができるでしょうか。

もし、想像できないのならそこは本当の居場所じゃないのです。

 

「こんなところで負けんじゃない!」

「それで自分の人生を変えられると思ってるのか?」

「お前の育成費用にいくら掛かったと思ってるんだ?」

「俺は責任もってお前を育てないといけないんだ!」

「今の仕事を簡単に辞めては同じことを繰り返すぞ!」

 

このようにいろんなことを言って引き止められると想像すると、

気が重たくなって今の仕事を続けるべきかを余計に迷わされます。

けど全ては自分がどう感じているかで簡単に分かることです。

他人がどう言おうが自分の幸せとは縁のないことなのです。

 

 

今の仕事を続けることを手放す勇気

 

今の仕事を続けていても不満はあるけど、

仕事もそれなりに楽しいとか仕事仲間が楽しいとかなら、

そんな幸せな職場の方が珍しいので辞める必要はないでしょう。

 

だけど定年までは続けられるけどどうなんだろうとか、

特に精神的に辛い思いをしているのなら考えものです。

更には、もしやりたいことがあるのなら尚更のことです。

 

「あの時に決断しておけば・・・」

 

という後悔があるのはこうしたケースです。

僕も3年前に独立を決断してなかったらきっと後悔しているはず。

そして今のように好きなことで生計を立てることは夢のままとなり、

いつまでも精神的辛い日々を過ごしていたかもしれません。

 

確かに今まで頑張って手に入れた仕事先なら、

それを手放すことには相当な勇気が必要なのかもしれません。

 

今まで頑張って勉強して大学を出てきたのに

今まで頑張って難しい資格を取ってきたのに

今まで何年も費やしてこの仕事のためにやってきたのに

 

僕達は今までのことを失うことを怖れてしまうものです。

仮に今が上手くいってなくても自分を否定はしたくないからです。

なのでその怖れからつい現状を維持して同じ悩みを繰り返す。

 

それは脳が快楽より痛みを優先してしまう特徴があるからです。

 

けどこれは人前で緊張してしまう心理と同じことです。

頭では話すだけなので危険ではないことは分かっているのに、

身体が勝手に怖れの反応をしてコントロールできない・・・

なので多くの人が我慢という道を選んでしまうのです。

 

 

本当のやりたいことのために今までの自分を手放してみませんか?

 

  • 本当のやりたいことじゃないと何をやっても不満になる
  • 辞められなくても自分の感情は既に答えを出している
  • 今の仕事を続けることは脳は痛みを優先する特徴があるから

 

今の仕事を続けるべきかどうか・・・

これを判断する基準は極めてシンプルです。

 

それは自分が今の仕事でどんな感情を感じているかということ。

 

楽しいとか幸せなどのプラスの感情の比率が高いなら、

今の仕事を辞める必要なんてないんじゃないかと思います。

けど辛い苦しい悲しいなどのマイナスな感情ばかりなら、

そんな場所にいてもジリ貧で追い込まれていくのです。

これを読んでるあなたはきっと後者の方ではないでしょうか。

 

そして僕も散々辞めることに悩んで決断しましたが、

これも自分の感情を見つめれば答えは自然と出ているんですね。

なので答えそのものはあなたもおそらく分かっていると思います。

だけど最終的に決断する時って恐怖をどうしても付いてきます。

後は自分の人生を本気で生きたいかどうかではないでしょうか。

 

自分の幸せに勇気を持って決断できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ