自分の人生を変えるには何をしたら望む通りに変えられる?

自分の人生を変えるには

 

世の中には人生が変わる経験をする人がいます。

そんな人は気が付いたらいつの間にか変わっていたりします。

あなたの周辺でもそんな生き方が変わった人がいないでしょうか。

自分の人生を変えるには以下のことが重要です。

 

それは、やりたいことのためにどれだけ「段取り」をするか?

 

シンプルにこのことなのです。

段取りとは言い換えると準備のことです。

よく望む結果を手に入れるには原因を作ることと言います。

それを「原因と結果の法則」なんて言ったりしますね。

 

この段取りをしないまま生きてしまうと、

今までの人生の延長線上を歩んでしまうことになります。

なのでほとんどの人はやりたいことが見つからないままですが、

別に宗教に入るとか根性論とかそんなものは必要ありません。

これからお伝えする内容を頭に入れておくことが大切です。

 

(前回の仕事のやりがいとは何だろう?我慢が当たり前は古い価値観では、

現代は段々とやりがいのない仕事を我慢しても報われなくなってきており、

やりがいを見つけて自分でチャンスを作る考え方をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

やりたいことが見つからない3つの理由

 

僕達は学生の頃からやりたいことに悩んだりします。

将来何がしたいかなんて簡単には分からないものです。

僕も10代20代30代とずっと分からず生きてきました。

それでは自分の人生を変えるどころではないですよね。

 

けど僕達はやりたいことはしたいと思ってるけど、

それを実現することは不可能だと思っている部分があります。

なぜなら、誰にでもやりたいことや実現したいことはあります。

 

だけど不可能だと思って他の実現可能な方法を探そうとして、

やりたいことが見つからないと言っているだけなのです。

本来はそれでも真っ直ぐに見つめることで実現していくんです。

ではなぜ、実現できないと思い込んでしまうのでしょう。

その答えは僕達の心の中にある以下のことになります。

 

  • 嫌なことでも我慢し続けているから
  • 無理して頑張ろうとするから
  • ちゃんとしないといけないと思うから

 

この3つが理由となります。

これらのことをまとめると「完璧主義」と言います。

 

完璧主義の特徴としては、

挑戦への大敵である失敗を怖れるというものがあります。

これはもし失敗したら生活できなくなるとかの怖れの他に、

恥をかきたくないとか他人の目が気になるなども該当します。

 

自分の人生を変えるには何をすべきかとは、

このような自分の内面に気付いて修正する必要があるのです。

ここに気付いて乗り越える過程が成功へと繋がります。

 

 

行動しているようで実はしていない事実!?

 

自分の人生を変えるには何をしたらいいか分からない・・・

これは当時の僕もそうでしたが本当に多いと思います。

 

だけど何をしたらいいか分からないとは、

何もしていないから分からないという意味でもあるんです。

というのも頭で思考することが先行しているからです。

 

それでも色々と行動には移してみたんだけど、

どれもこれもしっくりこなくて上手くいかなかった・・・

なんていうパターンもあるかと思います。

けどやはりやりたいことが見つかっていないなら、

 

それは、まだまだ行動が足りていないからなんです。

 

これはもっと行動しろということよりは、

自分の安全領域から抜け出すことを意味しています。

新しいことをすると一生懸命だし疲れたりしてきますね。

時には上手くいかなくて苦しんでしまうこともあるでしょう。

そしてできないことができるようになって当たり前になります。

 

この安全領域を「コンフォートゾーン」と言い、

自分の人生を変えるにはこのゾーンから抜け出す必要があります。

自分のやりたいことが見つからないという人の場合は、

ここに少し注意をしてみると良いかもしれません。

 

僕の失敗だった経験ですがコーチングといって、

カウンセラーのようにセッションをすることをやってましたが、

それはセッション練習をするばかりで本番をしませんでした。

それは怖くてどうしても前に進めなかったという理由でしたが、

結局その分野では華が開くことなく終わってしまいました。

 

 

じゃあ、自分の人生を変えるにはどんな段取りが必要なのか

 

最初に自分の人生を変えるために必要なことは、

やりたいことのためにどれだけ「段取り」をするか?

ということをお伝えしましたがそれは何かと言うと、

 

自分の直感が働いた方向へと向かっていくこと

 

このことになります。

僕達人間は物事を理性で判断しているのはありません。

物事をどう判断するかは感情的に判断しているのです。

 

たとえば車が欲しいとします。

それには便利が良いとか自由に動けるなど理由がありますが、

それよりもただ欲しいという感情が先に動いたからなのです。

その感情に対して納得できる理由を理性で考えてるだけです。

 

だけどやりたいことは何かと”考えて”しまいますよね?

その時点で既に思考になってしまっているのでダメなのです。

大抵は考えるだけでは動くほどの気持ちが乗ることはありません。

また頭で考えては考え過ぎて余計に動けなくなってしまいます。

なので感情が大切なのですがそれを分かりやすく言うと、

 

自分の直感が働いた方向へ向かっていくこと

 

ということになります。

あなたが過去に一番感動した経験は何でしょうか。

それに近づくために今からできる具体的な行動は何でしょうか。

実はそれこそがやりたいことを見つける重要なカギなのです。

 

 

感動の先には道が開かれている

 

いかがでしたでしょうか、

僕自身の経験で頭で考えた上で決めたことは、

どれもこれもしっくりこないことが多かったです。

反対に直感を信じて行動したことは正解が多かったです。

 

つまりは感動の先に自分の人生を変える道がある

 

という風に思います。

確かにそこに意識を向けるようになってから、

自分の人生を変えることができたと思います。

考えるより感じることの方が大切なんだと思います。

 

今仮に仕事が辛い状況にあるとしても、

それはやりたいことを見つけるための重要な経験だと思います。

なぜなら、そこは合わないから痛みを味わいやすいのです。

ということは今いる場所は違うということが分かります。

 

それを我慢して続けていくことも、

その仕事を思い切って辞めて次の転職先を探すことも、

どの選択を選ぶかは、基本的には自由に選ぶことができます。

どうせなら自分の幸せのための選択がしたいものですね。

 

心から望む人生に変えることができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ