将来への不安はお金を貯めるだけで本当に安心?

 

好きでもない仕事を我慢してやってるのに貯金ができない・・・

年金に仕事に日本の経済に将来への不安は尽きないですね。

だからといって節約しようとしても思った通りにいかなくて、

どうすれば将来への不安を解消できるのでしょう。

 

実はお金をいくら貯めても将来の不安は消えません。

 

そればかりか不安の方が大きくなってしまうのです。

なぜなら不安そのものは心の問題であり、

答えを心以外の外側に求めても解決しないからです。

 

心の問題は心と素直に向き合う必要があるのです。

 

なので将来の不安をお金を貯めることで解決しようとしても、

お金が増えれば増えるほど不安も大きくなってしまうので、

皮肉にも僕達は無意識にお金から避ける人生を送っています。

 

しかし、それでも生活にはお金が必要です。

将来を考えてもやはりお金は今よりもある方が良いですね。

では将来の不安を本当の意味で解消するには何が大切なのでしょう。

 

(前回の僕達はなぜやりたいことが思い切ってできないのか?では、

家庭や仕事などが理由でやりたいことがあってもできない場合の、

潜在意識的な理由と抵抗なくやっていくための方法をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

実は1億貯めても将来の不安は消えない

 

将来への不安って考えればキリがないですね。

そして結局、具体的な解決策も見つかりません。

 

「これだ!」

 

と思う方法があっても根本的に解決に繋がるか分からないし、

できることでも実際にやっても上手くいかなかったり・・・

 

たとえば節約して毎月3万円の貯金をしようと思っても、

1年後になってみると意外と貯金ができなかったりしませんか?

資格を取ろうとスクールに入ってみたけど挫折したとか、

なかなか思い通りにいかないのが人生だったりしますね。

 

確かにお金があれば解決できることは多いです。

生活もできるし、焦って仕事を探さなくていいし、

それに病気になっても医療費の心配もしなくて済みます。

もしもの時に備えて貯金をすることは良いことです。

 

しかし、1億円の貯金があっても将来の不安は消えません。

 

目先の切迫した状況は打開することはできますが、

漠然とした将来への不安はお金では解決できないのです。

そのことに気付かずに貯金をしようと頑張っても、

根本的にズレているので思った通りにはいかないのです。

ではなぜこのズレに気付けないのでしょうか。

 

 

今までお金にも自分にも向き合ってこなかった

 

今まで僕達は学校でたくさんのことを学ばされてきました。

だけどそのほとんどがあまり役に立っていないのです。

 

高校で習う数学や物理が社会に出て役に立ちましたか?

社会に出て働くために必要な知識とは別物なのです。

そして僕達はもうひとつ重要なことを学んできてません。

 

それは自分の人生をどう生きるかについてです。

 

高校の進路相談で決めた将来への判断が、

定年を迎えて「正しかった」と答える人が何人いるでしょうか。

ほとんどの人が途中で道を変えてしまっていないでしょうか。

今の世の中、新卒入社で10年以上勤めてる方が珍しいです。

 

それに30年勤めて給料が初任給に戻ってしまった人もいました。

それだけ学校で学ぶことだけでは人生をまともに生きられないのです。

 

言い換えるとそれだけお金にも自分にも向き合っていないのです。

 

ということは、自分の人生を変えたいと思うのなら、

学校で学んできたこと以外の知識が必要だということです。

近年、日本でも貧富の格差がどんどん広がっているようです。

そして今後もますます大きくなっていくと言われています。

 

 

今までの古い価値観を捨てる勇気が必要

 

今後の日本は貧富の差が広がるだけではありません。

あなたもご存知かと思いますが仕事だって減ってきています。

 

たとえば僕はある大手スーパーで店員のいないレジを経験しました。

どういうことかと言うと、自分でバーコードを通すのです。

他には映画のチケットだって専用モニタで打ち込んで買えます。

 

つまり、誰でもできる仕事は機械に取って代わっているのです。

 

今のままの考え方では職すらも失い兼ねないのです。

ということは今までの古い価値観を捨てる勇気が必要です。

 

  • 頑張れば報われる
  • 仕事は我慢してやるもの
  • 働くとは辛いのが当たり前
  • みんな同じ思いで仕事をしている
  • 良い会社に入ることが勝ち組
  • 公務員や大企業に入れば安泰
  • 給料を上げるには出世すること

 

他にもいろいろとあると思います。

要はこのような昔からある価値観に縛られていると、

時代の流れに取り残されて自分達の生活が苦しくなるのです。

前の項目でも言ったように今では転職している人の方が多いですね?

 

古い価値観とは簡単に言うと「考え方」のことです。

 

個人がこれから生きていくには、

今までのような考え方では危ないと自覚する必要があります。

実際に僕はずっとフリーターや派遣社員や契約社員として生きてきて、

最初は手取り30万円あった給料も10万円まで下がりました。

ただ言われたことだけを頑張ってやっていただけなのに、

給料がなぜか下がってしまったのです。

 

それに正社員ではなかったので、

いつ職を追われるか分からない不安を抱えながら、

少ない給料でその日をしのぐ生活を余儀なくされていました。

当時のままの考え方だったら今頃はどうなってたか怖ろしいです。

 

 

本当の安心を手に入れるには自分が成長すること

 

仕事にストレスを抱えている人でも、

それでも何とかやっていけるのなら大丈夫だと思います。

定年まで続けようと思えば続けられるのなら問題ありません。

 

しかし精神的肉体的に苦痛でジリ貧で追い込まれているのなら、

あなたもその場所は居るべきではないと自覚しているはずです。

そして国や会社に期待しても何もはじまりません。

 

なので自分を変えていく必要があります。

自分を変えるとは「考え方」を変えることであり、

それこそ自分の今の価値観を捨てる勇気が必要なのです。

 

僕は当時、副業をはじめましたが、

今までの価値観を捨てる意識を持って臨んでいなかったら、

今頃は挫折してやりたくない仕事を我慢してやっていたことでしょう。

 

仕事を辞めるきっかけを作って辛い環境から自由な人生へにも言いましたが、

お金のために働く人生をただ我慢して続けても何の面白みもありません。

今ではネットが普及してお金を稼ぐ手段だって増えてきました。

 

将来への不安を根本的に解消していくには、

お金を貯めるだけでなく自分の価値観や考え方と素直に向き合い、

そして今の現実を変えるための具体的な行動を取ることです。

まずは情報を集めるというのも具体的な行動となります。

 

自分の力で道を切り開いていけることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ