後悔しない人生を送るやりたいことを具体化する5つの質問

後悔しない人生を送るやりたいことを具体化する5つの質問

 

あなたは今、今後の人生に迷ってませんか?

このまま退屈な仕事を続けていくだけで良いのだろうか・・・

後悔しない人生を送る方法はとてもシンプルで、

 

やりたいことを具体化していくことです。

 

なぜなら、僕達は本来はやりたいことはあります。

だけどそれを実現するのが無理だと判断しているので、

もっと確実に実現できる方法を探そうとします。

 

たとえば幼い頃は「できる・できない」を関係なしに、

将来は何になりたいかの夢を友達と語ったりしませんでしたか?

大人になると現実的過ぎる考え方に陥り過ぎてしまい、

結果として「できる・できない」で判断してしまいます。

 

だけどそれでは自分のやりたいことを実現することは不可能です。

まして自分が何をしたいかを見つけることすらもできないでしょう。

今回は、本当のやりたいことを具体化する5つの質問をご紹介します。

 

(前回は、やりたい仕事が見つからない人がきっかけを掴む5つの質問にて、

やりたいことをするための気付きとなる5つの質問をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

実現できるかは別として本当はどうなりたいですか?

 

まず最初にあなたが本当はどうなりたいのか?

そのことを自分に素直に聞いてみて欲しいのです。

子供の頃のように「できる・できない」の判断は脇に置いて、

 

  • 本当はどんな風に生きたいのでしょうか?
  • そしてそれはどんな”気持ち”になれそうですか?

 

例えば僕の場合は、自由になりたいというのがありました。

会社に縛られず、お金や時間に不自由しない自由です。

そうなると爽快で毎日が楽しい気持ちになれそうで、

「今日は何をしようか!」とワクワクする日々を送れる。

 

このような漠然としたものでも構いません。

あなたにもこのくらいな心の中にあるのではないでしょうか。

 

そして重要なのはそこで感じる”感情”なのです。

 

なぜなら、頭で考えてもやりたいことの答えは見つからないからです。

親友と長く付き合うのだって、生涯の伴侶と巡り合うのだって、

心で感じるのであって理論的に考えて導き出されるものではありません。

そしてこの時に感じる感情を元にして以下の質問に答えて下さい。

 

 

1、誰と行いますか?

 

あなたが本当の望む生き方をした時に、

そこにはどんな人が存在しているんでしょうか。

もしくはどんな人と関わるとより楽しいでしょうか。

 

僕だったら、仕事は一人で行っていますが、

プライベートではワクワクするとか楽しいとか、

関わりたい人間と好きな時に自由に楽しんでいるイメージです。

 

 

2、いつ行いますか?

 

それを実現したいとしたらいつでしょうか。

何となくでもいいので自分の夢の期限を決めます。

 

僕も何となく5年後には実現したいと思ってました。

自由になりたいという夢を5年後に設定をして、

自分の中に一応期限を決めておくようにしました。

 

 

3、どこで行いますか?

 

あなたはどこでそれを実現しているのでしょうか。

またどこで実現することが理想でしょうか。

最高の気持ちを味わっている場所はどこでしょうか。

 

僕ならば自分の住んでいるアパートでした。

また好きな場所に旅行に行った先のホテルなどもあります。

パソコンを使って時間にも場所にも縛られない自由が欲しい。

そんな自由が味わえたら最高だろうなと思ってました。

 

 

4、そこで何をするのですか?

 

あなたはそこで何をしているのでしょうか。

そこではどんなことをやっていそうでしょうか。

もし何でも許せるとしたら何をやっていそうでしょうか。

 

僕の場合はパソコンを使った何らかの仕事でした。

自分の思いを世の中に発信して人の役に立つ仕事をして、

感謝されながらも自由を満喫して楽しく過ごすイメージです。

 

 

5、なぜ、それがしたいのですか?

 

あなたがそれを実現する理由はなんでしょうか。

なぜそれをする必要があるのでしょうか。

あなたが本当にそれを実現必要があるのでしょうか。

 

僕はこのままサラリーマンを続けてたら、

生きる道を失ってしまうだろうと思ってました。

生き方を変えなければこの先生きていけないと思ってました。

また自分の力を最大限に発揮する生き方をした方が、

自分が生きる意味を強く実感できて人生も後悔しないと思いました。

 

 

後悔しない人生を送るには成りたい自分を感じることから

 

このように成りたい自分を具体化することで、

 

脳にその方向に向かわせるように指示させるのです。

 

潜在意識は意識では忘れてもずっとそれを追い続けます。

なぜなら潜在意識には「空白を埋める原則」があるからです。

つまり、疑問を投げると答えを探し続けるのです。

 

たとえばただ車が欲しいと漠然と思うより、

スポーツカーで赤いポルシェが欲しいと具体化することで、

街を歩いていると偶然ポルシェが走っているのを見掛けたりします。

このように欲しいものが自然と集まるようになってくるのです。

 

就職活動や転職を考える時、

つい求人票やデータや他人の言葉ばかりを基準にしがちですが、

自分の本当にやりたいことというのはそこに答えはありません。

 

なぜなら答えは自分の心の中にこそあるからです。

 

だからこそ自分の感じる”感情”に意識を向けることが大切なのです。

だけど目には見えないのでほとんどの人は無視をしてしまいます。

そして目に見えるデータや言葉を基準にするので分からないのです。

後悔しない人生を送る方法とは自分の心の中に答えがあります。

 

あなたの生き方が見えてくることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ