やりたいことがない-どんな仕事を選べばいいか分からない人へ

やりたいことがない-どんな仕事を選べばいいか分からない人へ

 

自分のやりたいことがみつからない・・・

就職や転職に意外と多いのがやりたいことが分からない人たちです。

僕も20代はどんな仕事がしたいのか見当も付きませんでした。

 

どうしてやりたいことがないのでしょう。

どうやったらやりたいことがみつかるのでしょう。

一体、なんのために生まれてきたのでしょうか。

 

考えれば、考えるほど答えが出てきませんね。

自分のことは自分が一番分かっているつもりでも、

自分自身のこととなると他人以上に分からない。

あなたも、そう思いませんか?

 

なぜなら、

 

好きなことは、いきなりすぐにはできないようになっているからです。

 

自分の「これだ!」って言うものに出会うには、

「もしからしたら?これかも」っていう自分の直感を信じて、

ある程度は忍耐強くもの事を継続していく必要があるのです。

 

嬉しい実感が強いものほど、成果が出るまで時間がかかると思いませんか?

 

だからこそ、僕たちはやりたいことがないと嘆いてしまうのです。

今回は、やりたいことがない人にやりたいことを見つけるヒントを紹介します。

スポンサーリンク

 

まずは経験することが大切

 

やりたいことがない人は、

とにかくいろんな経験を積んでみることも大切です。

 

そういきなり言われても、

どんな経験をすればいいのか分からないかもしれません。

 

それは、

 

あなたの直感を信じて「これだ」と思うことをやってみることです。

 

この直感を信じてやってみることにおいては、

失敗することは、まったく問題ではありません。

なぜなら、上手くやるより経験をすることが目的だからです。

 

人生は受け身でいれば見えませんが、自主的に動けば見えやすくなります。

 

やりたいことが見つからない人というのは、

人生でいろんな経験を積むことで見えやすくなっていきます。

そなると、自然と自分がなんの仕事をしたいのかも見えてきます。

まずはなんでも良いので、直感を頼りに経験を積んでみることです。

 

 

自分の本当の気持ちを確かめる

 

自分の直感を頼りに経験を積んでいく中で、

自分の本当の気持ちを知ることができるようになってきます。

 

「自分は本当はなにがしたいのだろう?」

 

これを正しい言い方に変えるとするならば、

 

「自分は本当はなにを感じていきたいのだろう?」

 

このように人生でなにを感じて生きていきたいのかになります。

なにを感じて生きていくかで、人生の充実度が大きく変わってくるからです。

 

辛い、苦しい、空しい、悔しいことも、

楽しい、嬉しい、気持ちいい、幸せに思えることも、

 

すべては感じることで決まります。

この感じ方が、本来の望みと一致するものを探すことなのです。

人生とは、自分の望む幸福感を味わうためにどうするかを考えることです。

 

仕事で得られる充実感も、家族といるときの幸せも、

すべては自分の気持ちで感じていることなのです。

だからこそ、やりたいことを見つける答えは自分の中にあります。

 

 

とりあえず行動すること

 

よく口先だけの人がいます。

自分で実際に経験したわけでもなく、

さも経験したかのごとく、知っているだけで語ってくる人です。

 

頭で理解していることと、経験によって感じることは”質”がまったく異なります

 

この事実を知らずに頭で理解しただけで、

他人から得た情報を鵜呑みにして語ってくる人が世の中には圧倒的に多いです。

このような人たちの言うことに耳を傾ける必要はありません。

なぜなら、自分の経験から得た生きた情報ではないからです。

 

それよりも、

 

あなたが「これだ」と直感で何かを感じたことに関しては、

とりあえず行動に移して実際に経験として落とし込んでみることです。

他人はダメでも、自分がやるとOKな場合だってあります。

人それぞれに生きてきた環境が違うので感じ方も違うからです。

 

そして、

 

直感に従った行動は、しばらく継続してみましょう。

 

 

辛い苦しい思いが前向きに感じれば本物

 

辛い苦しいという感情を味わうことは誰もが避けたいと思ってしまいます。

ですが実際はこのような感情の中から才能を見出すケースは多いのです。

 

「ピンチの後にチャンスあり」という言葉があります。

それは幸せになることや人生の階段を一段上がる前段階として、

 

必ず辛い苦しいと思える出来事が起こるようになっているからです。

 

なぜ前段階に辛い苦しいことが起こるのでしょう?

人は心地の良い環境に身を置き続ければ痛みを感じる必要もありませんが、

やりたいことがないからやりたいことを見つけるには、

 

「できない」から「できる」ということになるので痛みを伴うのです。

 

スポーツでできるように上達するには練習が必要ですね。

その練習は、必ずしも楽ではなくひたすら同じことを続けたりする必要があります。

ときに苦しく、ときに辛く、ときに自分を信じられなくなるときさえありますが、

そんな感情を味わいつつも、成りたい自分に向かっていけるのは本物と言えるのです。

 

辛い苦しいという思いを感じても前向きに捉えることができれば、

それは自分にとって本当にやりたいことだと言えます。

 

 

自分の道を見つけるのに直感に従った

 

僕は、性格がひねくれているので、

どんなに偉い先生や経済的に結果を出している人の言うことよりも、

自分の「これは大事かもしれない」と思うことを優先して生きてきました。

 

その結果、今は独立してフリーランスとして仕事をしています。

結局は自分の人生は自分で選択していくしかないのです。

誰かの言うことを聞いたところで、それが正しいかどうかは、

 

自分が経験した中で感じた答えでしか分かりません。

 

決して人の言うことを信じるなとか、そういう意味ではありません。

本当に自分を導いてくれるような人の言うことは謙虚になりつつ、

 

一方で、

 

自分の心の声にも耳を傾けることが真実を知る手掛かりとなります。

 

多くの人が、自分の心の声の聴き方が分からず、

自分が本当はどうなりたいのかの答えを見出せずに妥協して生きています。

 

本当は、ただ感じれば良いだけなのです。

 

このシンプルなことほど軽視されがちです。

あなたもこのことをどうか大事にされてください。

そして自分のやりたいことを仕事にしてください。

 

やりたいことがないからやりたいことがみつかることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ