自分に合った仕事を見つけるには?成功の6つの自己分析

自分に合った仕事を見つけるには?成功の6つの自己分析

 

何がしたいのか、どうしたら良いか分からない・・・

自分に合った仕事を見つけるにはどうすれば良いのでしょう。

漠然としていて転職に行き詰ってませんか?

 

世の中のほとんどの人が、

自分に合った仕事を見つけることができずに、

また好きでもない仕事を我慢してやっています。

 

最近、友人のひとりと半年ぶりに会ったのですが、

昔は公認会計士になると言って資格取得に励んでいたのに、

今では不動産会社に転職して毎晩自宅で晩酌しているようです。

彼の家の近くのお好み焼き屋で会話をしたのですが、

 

「公認会計士になる夢は諦めたん?」

 

と訪ねてみたら、

 

「それはないね~」

 

とサラッと言ってました。

昔は自分に合った仕事を見つけるために頑張っていたのですが、

結局何がしたいのか分からず諦めてしまったようです。

では、やりたい仕事を見つけるにはどうすれば良いのでしょう。

今回は、自分へ問い掛ける自己分析方を紹介したいと思います。

 

(前回は、転職に失敗して後悔した時は?挫折からやりたいことへにて、

転職に失敗して後悔してしまった時の考え方をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、自分が臨終を向かえる時にどう思うか?

 

自分が臨終を向かえた時に何を思うでしょうか。

 

「もっとやりたいことをしておけば良かった・・・」

「なんであの時に思い切って挑戦しなかったんだろう・・・」

 

僕達の先人達の多くが経験していることでもあります。

だけど僕達は挑戦することのリスクを恐れて行動できません。

人間は痛みを優先して避けるようになっているので、

どうしても仕方がないことではありますが、

 

先の未来を見据えて痛みと向き合うことは大切です。

 

 

2、もし残り3年しか生きられないとしたら?

 

上記の項目と少し似ている部分ではありますが、

もし残りの人生が残り3年しか生きられないとしたら、

あなたは今から何をはじめて、どうなりたいでしょうか。

僕達は思っていることでやりたいことはたくさんあります。

 

ですが人生で本当にやりたいことというのは意外と少ないのです。

 

それは心の底から本気でやりたいと思っていることです。

そうした本気の思いは怖くて行動ができないものだったりします。

つまり本当にやりたいことは勇気が試されるということなのです。

 

 

3、幼い頃に楽しかった時の思いでは?

 

僕達が幼い頃は、自分の楽しめることを純粋にやってました。

ですが大人になるにつれて賢くなって我慢を覚えます。

 

しかし我慢し過ぎて情熱まで失ってしまっているのです。

 

自分が一体何がしたいのか分からない。

自分に合った仕事を見つけるにはどうすればいいのか分からない。

どうしたら本気で打ち込めることを見つけることができるのか。

それを見つけることができない根本的な原因は、

 

子供心のような純粋に楽しめる情熱を忘れているだけなのです。

 

ですが忘れているだけだということは思い出せば良いのです。

たったそれだけのことで実はやりたいことを見つけられます。

 

 

4、これまで生きてきてワクワクしたことは?

 

これまで生きてきてワクワクしたことは何ですか?

誰だって人生で一度や二度は必ずあることです。

 

  • 学生の頃の修学旅行の前日
  • 車の免許を取って初めてハンドルを握る日
  • 好きな人とデートをする日

 

ここでは何が言いたいのかと言うと、

ワクワクする時の身体の感覚を意識して欲しいのです。

なぜなら好きなことやりたいことは感覚で理解することだからです。

自分に合った仕事を見つけるにはどうしたら良いか頭で考えても出ません。

本当にやりたいことは思考ではなく感じることで知ることができるのです。

 

 

5、自分が上手く出来たことや得意なことは?

 

自分には才能がないと言う人はたくさんいます。

ですがどんな人でも必ず才能は眠っているものなのです。

それは自分では当たり前と思っていることなので分からないのです。

 

そのヒントとして上手く出来たことや得意なことを思い出してみます。

 

また好きなことでも構わないと思います。

なぜなら「好きこそものの上手なれ」という諺があるように、

好きなことだからこそ得意になって上手になれるからです。

あまり深く考え過ぎず相性が良いものなど、

 

これも感覚で感じるものの方が正しく自己分析できます。

 

 

6、どんなことを求められ、どんなことで喜ばれた?

 

あなたは今までどんなことで人に感謝されたでしょうか。

これはどんな些細なことでもかまいませんし、

できれば何度も人から言われることが良いです。

 

それこそが自分では当たり前と思っていることで、

他人にとっては非凡でありがたいと思われていることだからです。

 

自分の才能で人を癒せることができれば、

人生はワクワクすることの連続になると思いませんか?

この2つを上手くマッチングさせることができれば、

独立して自由な生き方ができるのも時間の問題だと思います。

 

 

他者の幸せを願う心がやりたい仕事に繋がっている

 

世の中、自分のことばかりを考える人は多いものです。

ですが消費増税や保険料の値上がりが囁かれて、

そしてボーナスカットや給料減額に景気の不安定。

正社員であったとしても先行き不安な世の中です。

 

それでは自分のことを考えるのが精一杯になっても仕方がありません。

しかし、そんな厳しい世の中だからこそ、

 

自分の才能を見つけて磨いていき、

他人の幸せを願う意識で自分の才能を提供していけば、

今の世の中では、より強く感謝される存在となるのではないでしょうか。

 

そうしたところに人もお金も集まるのだと思います。

いきなりそんな考え方ができるのは無理だと思いますし、

100%他人を思うことは誰もができないことです。

 

ですがそうであろうとする姿勢を持つことは今からできます。

 

そのために自分の才能や人に感謝されることを見つけるのです。

それが自分に合った仕事を見つけるためのヒントになります。

心から望む生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ