30歳からの転職未経験者が不安な気持ちを乗り越える方法

30歳からの転職未経験者が不安な気持ちを乗り越える方法

 

新卒からずっと同じ会社で働き続けてきたけど、

自分の将来を考えると、やはり転職して新しい環境でやり直したい。

30歳を過ぎると企業側の見方も厳しくなると言われています。

そんな30歳からの転職未経験者が転職で成功するには?

 

30歳という年齢は転職するには迷う年齢かもしれません。

20代だとある意味、勢いで転職に踏み切ることができても、

 

  • 30歳から転職活動をしても今からでも間に合うだろうか
  • もし転職して収入が減ってしまったらと思うと怖い
  • せっかく築きあげてきたものをゼロにするのは勿体ない
  • 20代より背負っているものが増えたから難しい
  • もし転職に失敗したら取り戻すことが不可能かもしれない

 

このように不安材料が増えて行動に踏み切ることが難しくなります。

僕も実際に34歳で会社を辞める時は数ヶ月間迷いに迷いました。

 

「もし失敗して上手くいかなかったら・・・」

 

今手にしているものを失うことで訪れる恐怖を感じていました。

だけどこのままでは不満や不安をずっと抱えてしまうことになる。

我慢し続けることで人生を終えることに何が良いのでしょうか。

今回は、30歳からの転職未経験者の不安を乗り越える方法をお伝えします。

 

(前回は、転職のきっかけが人間関係の場合に気を付けたい4つのことにて、

人間関係がきっかけで転職をする人の陥りがちな罠についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

30歳を境に人生に迷いを感じはじめる

 

人生に迷いを感じだすなんて大きなことを言いましたが、

30歳という年齢はある程度自分の将来が見えるようになります。

 

「このままこの状態で生きていくのか・・・」

 

なんて感じるようになるのも20代の後半から徐々に出はじめ、

30歳を境にして心の迷いは、より一層強く感じるようになります。

 

  • 今のままでは将来が不安で生活に困ってしまうかもしれない
  • もしそうなってしまったら家族は借金はどうなってしまうんだろう

 

そんなことを考えると焦りや不安を感じてしまうようになります。

これはどの職業、どの立場にしても抱いてしまうもののようです。

そして迷いを感じることは決して悪いことではありません。

自分の将来を真剣に考えるには必要な感情なのです。

 

 

30歳を過ぎると転職が厳しくなる訳じゃない

 

転職未経験者にとって転職を決断することは、

20代で転職を経験している人の比ではないかもしれません。

それに30歳からの未経験ゾーンに突入する訳ですから、

それは相当な覚悟が必要に感じてしまうのではないでしょうか。

 

ですが30歳を過ぎると転職の条件が厳しくなる訳ではなく、

漠然とした迷いや不安のまま転職活動をすることに問題があります。

 

  • どんな会社を選んだら良いのか
  • どこで良い求人を見つけることができるか
  • 何を基準に仕事を選んだら良いだろうか
  • 失敗しない為に考えるべきことは何か
  • 誰に相談をすると良いのだろうか
  • 本当に転職が自分にとって良い選択なのか

 

100%で「これだ!」と思える仕事を見つけるのは難しいですが、

1%でも納得できる仕事を見つける行動をすることが重要です。

ただ漠然と何となくで行動すると何十社と面接で落されてしまうのです。

あなたは自分の悩みを1人で抱え込んでしまっていないでしょうか?

 

 

面接担当者は30歳からの転職希望者をどう見ている?

 

企業側としては30代からの採用は、

その人個人にどのような能力を持っているかというよりも、

 

  • 会社の雰囲気に馴染める人間なのかどうか
  • 自分から積極的に学ぶ意識をもっているかどうか
  • 人や環境に順応できる適応力があるかどうか

 

このようなところも強く見るようになってきます。

それは転職未経験者であっても同じように見られます。

 

そして20代の時はスキルややる気の方が重視されていましたが、

30歳からの雇用には20代にはないものを求めるものです。

なぜなら普通に人を雇うなら若い方が良いからです。

ではどうすれば20代にはないものをアピールすることができるのでしょう。

 

あなたは他人に「凄いヤツかもしれない」と感じたことはないでしょうか。

僕達に人間は物事の判断をほぼ9割で感情で判断しています。

つまり面接担当者に「凄いヤツかもしれない」と思わせられれば、

内定の確率はかなり高く、ほぼ確実と言えるかもしれません。

 

そこで重要となる考え方が企業側が何を求めているかです。

 

相手に求めているものに対して、

あなたが過去に「凄いヤツかもしれない」と思わされた人と、

同じような気持ちで面接に臨むことがとても重要になってきます。

つまり自信を持って臨むことが必要なのです。

 

 

転職の先にある「なりたい自分」の姿を明確にする

 

今まで転職の経験が全くなく、

30歳からの転職未経験の状態では何をどうしたら良いのか、

自分の将来を明確にして行動に移していくことは難しいです。

 

多くの人は転職活動をする際に1人で行動しようとしてしまいます。

しかし1人で転職活動をしても心から納得できる仕事選びは困難です。

特に転職未経験の人なら自分自身の整理の付け方も分かりません。

 

30歳からの仕事選びは失敗を避けるための知識が必要です。

自分に向いてる仕事がわからない35歳までの適職の見つけ方では、

1人ではどんな仕事がしたいのか分からない人に向けて、

具体的にどのようない考えていけば良いかをお伝えしています。

 

やはり病気に掛かれば医者に診せることで安心できるように、

仕事選びも専門家に頼ることが将来の安心を得られるのです。

 

今は転職する気がそこまで強くなく、

だけど今の仕事に迷いを感じているのなら、

アドバイザーに相談することは非常に良い助けとなるでしょう。

 

大切なことは1人で決めてしまわないことです。

何でもそうですが、いきなり我流で行う人が最も失敗します。

ですが専門的な知識や助言があれば自分の道が見えやすくなります。

 

良い仕事に出会えることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ