やりたいことが見つからない30代の本当の自分の見つけ方

やりたいことが見つからない30代の本当の自分の見つけ方

 

今の生活のままでは不満もあれば不安もある。

だけどやりたいことが見つからない・・・

30代になれば、20代のようにはいかないこともありますね。

 

ですが、

 

30代は人生に迷う年代でもあります。

 

それは、

 

これまで20代の頃は、我武者羅にやってきたことも、

30代では、落ち着き始めたり将来のことを考えるようになったりと、

今の自分自身を見つめるようになってくるからです。

 

今までは、目の前の現実ばかりに目がいっていたのが、

友人が起業した、凄い先生に出会った、身近な人の生死に直面したなど、

身の回りの変化によって、自分自身を見つめはじめていきます。

 

そのときに気づくのです。

 

「自分は、本当はなにがしたいのだろう?」

 

やっと気づきはじめたのですが、なにをどうしていいのか分からない。

まるでサバンナのど真ん中に、丸腰で立たされているかのような、

そんな無防備で生きていた自分に気づかれます。

今回は、やりたいことが見つからない30代の自分の見つけ方をお伝えいます。

 

(前回は、やりたいことがない-どんな仕事を選べばいいか分からない人へにて、

やりたいことがないと嘆く人へ、やりたい仕事を見つけるヒントを紹介しました。)

スポンサーリンク

 

人生は有限

 

20代の頃と、30代の頃との時間の流れは違います。

20代では無条件に自分の可能性を信じて行動ができました。

 

それは、

 

やはり「20代はやり直しがきく」と世の中で言われているからです。

 

事実、仕事を辞めるにしても30代ほど悩みません。

ある程度は、好奇心で臨んでいけることも許されるところも多いです。

転職という、仕事の業種そのものを変えることさえ、

30代のように深刻には、さほどならないものだったと思います。

 

ところが、

 

30代では、抱く夢や希望も現実てきになります。

30代は人生の中盤になっていくので、ある程度の時間が見えてくるのです。

 

「俺はこのままサラリーマンを続けるのか・・・」

 

ふとこのような思いになってしまうのは、

人生が有限であることを、リアルに感じはじめたからこそです。

それもはっきりとではなく、何となく感じはじめた感じではないでしょうか。

 

人生は有限だと気づくこと。

 

それは自分の本当の生き方を見つけるためのスタートとも言えます。

それが「自分探しの旅」のはじまりです。

 

 

どんな40代になりたいですか?

 

僕も20代はサラリーマンをしていました。

そして30代になった今は、脱サラしてフリーランスになりました。

この2つを経験して明らかに違う点があることに気づきました。

 

それは、

 

どんな40代になりたいかです。

 

40代をどんな風に過ごしたいのか、

いえ、40代をはじめとした今後の人生の設計図です。

 

「俺はこのままサラリーマンを続けるのか・・・」

 

という状態では、未来など描けていないのは明らかです。

決してサラリーマンに将来がないと言っている訳ではありませんし、

独立しても将来に不安を抱えて生きることに変わりはありません。

ただ、僕個人としてはこの2つの違いを経験しました。

 

今、やりたいことが見つからないと感じているなら、

40代ではどんな風に過ごしてみたいのかをイメージしてみてはいかがでしょうか。

今ある現実は一切無視して、自由に思い描いてみるのです。

 

大自然の美しい風景を見たときに、

 

「自分の悩みなんて、ホントちっぽけなもんなんだな・・・」

 

と思えるくらい、心に何かを感じるものを見つけることです。

自分探しの旅とは、そのような情熱に出会うことなのです。

 

 

頑張りすぎて自分を犠牲にしない

 

精神的に辛いとか、心が苦しくなってうつ病になってしまうとか、

仕事ばかりに集中することは人生のムダ遣いと同じです。

 

それが自分の人生を心から充実させてくれるのなら構いません。

もし30代を充実して過ごしているなら、あなたはとても素晴らしいと思います。

もしそうでないとするならば、以下のことを意識しましょう。

 

  • 他人の目を気にし過ぎない
  • やりたいことを見つけたら1年以上は継続する
  • 30代だからと安全な道ばかりを選ばない
  • 仕事ばかりに時間を費やさない
  • 自己投資をして違う生き方を模索する
  • チャンスを掴むため受け身の姿勢にならない
  • 理屈だけじゃなく経験にお金を掛けて腑に落とす

 

そして、

 

  • 年齢を言い訳にしないこと

 

この中からピンときたものだけで構いません。

今から、生き方を変えるために意識してみてください。

 

 

やりたいことが見つけるために

 

やりたいことを見つけるために僕が言えることは、

 

今までの生活とは、まったく異なる経験をすることです。

 

僕は27歳になってNLP実践心理学を学びました。

その後はコーチングを学び延べ300人とセッションをしました。

まったく異なる経験をし続けることは、

 

もの事の見方や考え方が自然と変化していきます。

 

つまり、

 

同じ経験でも感じ方が変わってくるので、

結果として自分の生き方にピンときやすいのです。

行動しているので、それだけアンテナを貼るようになるからです。

 

やりたいことが見つからない30代は多いです。

人生に迷いを感じはじめたときが自分を変えるチャンスだと思います。

そこで自分に向いてる仕事がわからない35歳までの適職の見つけ方では、

やりたいことを見つけるための知られざる視点についてお伝えしています。

35歳を区切りに自分の生き方を変えたい人にぜひお勧めです。

 

 

30代で自分をみつけられることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ