第二新卒で転職に失敗しないために必要な3つのこと

第二新卒で転職に失敗しないために必要な3つのこと

 

一度、新卒入社した会社で上手くいかず退職し、

第二新卒となったけど転職しても同じ失敗はしたくない・・・

会社を辞めた理由は人それぞれですが次こそは成功したいですね。

 

僕は第二新卒から就職して1年2ヶ月で辞めてフリーターに戻りました。

就職する以前は、フリーターでアルバイトを転々として、

半年間ほどニートのような生活も送ったことがありました。

 

苦労して転職しても失敗はしたくはないですね。

フリーターのままでは将来への不安はどうしても拭えません。

第二新卒になった人の主な悩みとしては、

 

  1. 学歴やスキルを求められて採用されないのではないか
  2. 面接で退職理由は志望動機をどう答えたらいいのか
  3. また同じような苦しみを繰り返しはしないだろうか

 

以上の3つではないでしょうか。

これは第二新卒から転職を成功するための壁になると思います。

 

また少しでも良い就職先を見つけるために、

避けては通れないところではないでしょうか。

今回は、上記の3つに焦点を絞ってお伝えしたいと思います。

 

(前回は、やりがいのある仕事が分からない人のやりたいこと探しのヒントにて、

やりがいのある仕事が分からない人に「やりがい」の意味をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、企業が第二新卒に求めるもの

 

企業は第二新卒者に一体何を求めているのでしょう。

そこが分かればある程度の対策を考えれるかもしれません。

 

すが答えは非常にシンプルで、

今後の熱意ややる気と言って気持ちの面を見るようです。

 

なぜなら1~3年程度で辞めたところで必要なスキルは身に付かないからです。

これは僕自身も以前に働いていた会社の新入社員を何人も見てきましたが、

たとえば新卒入社の人と30代中途採用の人とでは即戦力に雲泥の差があります。

 

30代中途採用の人が仮に他の業界から入社してきたとしても、

社会を渡ってきた経験にあまりにも差があるのでそこに仕事の仕方に差がでます。

人間関係も上手く調和を図って付き合っていくこともできるでしょう。

 

それは企業側も十分に分かっていることなのです。

なので第二新卒者に求めるものは気持ちの面が強いのです。

 

 

2、面接のときは何が大事なのか

 

面接では「どうしたら企業に採用されやすいか」を考えてませんか?

もしそうだとしたら注意しておかなければいけないことがあります。

 

  • 履歴書の写真ではスーツ以外の服装やポーズを取ったりする
  • 面接の時間は遅刻はもちろん早過ぎてもNG
  • 前職での経験を大げさにアピールする
  • 履歴書の内容を都合の良いように事実と少し書き換える

 

いかがでしょう、

これは「どうしたら企業に採用されやすいか」で考えることで、

自分中心の考え方になって結果的に空回りしてしまうことになります。

 

大切なのは「企業が第二新卒に求めているものは何か」を考えることです。

 

先ほど上述したように企業は今後の熱意ややる気を見ると言いましたね?

このように第二新卒には気持ちの面を見ているということは、

 

  • 声を少し大きめにはっきりと話す
  • 面接官としっかりと目を合わせて話す
  • 事前に質問に対する前向きな答えを用意しておく

 

以上のようなことを意識して誠意を示すことが大切ではないでしょうか。

会社はお客との信頼関係があって社会に価値を提供して存続しています。

そのためには社内では信頼し合える人間関係を求めているはずです。

そのためには、どうしても誠意や素直さなどの人柄も大切になってきます。

 

 

3、同じこと繰り返してしまう心の仕組み

 

転職しても同じこと繰り返してしまわないだろうか・・・

これは多くの第二新卒者にとって悩みのひとつだと思います。

なぜなら上手くやっていけるかどうかは入社してみないと分からないからです。

特に人間関係に馴染めずに会社を辞めるケースは一番多いです。

ですが、ただひとつだけ言えることがあります。

 

それは、

心の課題を乗り越えていかない限りはどこに行っても同じことを繰り返す。

ということです。

 

その大元の原因となるのは、

自分自身の改善点を見直さず、相手や出来事のせいばかりしてしまうこと。

 

確かに目の前に存在していた相手や出来事にイライラしてしまうと思います。

僕もそう思ってしまいますし、何歳になってもそう思ってしまうものです。

イライラして感情的になっても全然問題ありません。

 

ただ冷静になって同じことを繰り返さないために、

自分がどのように改善していくことで望んだような生き方ができるのか?

 

このことに意識を向ける時間を少しだけでも持って欲しいのです。

それは何も無理して相手を受け入れろとかそういう意味ではなく、

自分がより幸せになるために望む生き方をするために大切な考え方です。

 

社風が合わず馴染めない会社を退職してしまうことも同じです。

必ず自分の中に改善する種がどこかに眠っているものなのです。

後はその種を見つけて方向性を変えるだけで違う道を歩むことができます。

 

 

転職で大切なことは方法ではない

 

今回、お伝えした内容はピンとこない人もいるかもしれません。

ですがこのようなことも大事だと知っておく必要はあると思います。

ほとんどの人は具体的なやり方ばかりを求めてしまいがちですが、

 

その元となるは人である以上は気持ちが大切なのです。

 

よく詐欺と一流営業マンは紙一重という言葉を聞きます。

これはどういうことかと言うと、

 

話しの聞き方などのテクニックは一緒だけどその根底にある姿勢が違うということです。

 

詐欺の場合は相手を「騙す」ことが前提となります。

一流営業マンの場合は「信頼」を前提としています。

テクニックは全く一緒でも、その根底にある思いが全く異なるのです。

それは面接のときのあなたの姿勢にも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

良い仕事ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ