転職のタイミングとは?新卒入社から第二新卒へ必要なこと

転職のタイミングとは?新卒入社から第二新卒へ必要なこと

 

あなたは今、転職を考えてませんか?

新卒入社から第二新卒へ、転職のタイミングはいつがいいのでしょう?

また企業は第二新卒に何を求めているのでしょうか。

 

第二新卒とは、一度新卒採用されて入社したけど、

その後3年以内に会社を辞めた人のことを言います。

 

僕は高校卒業してから1年間、専門学校に通いました。

そしてその1年3ヶ月後に地元で就職しました。

就職までの間はアルバイトをしていました。

 

正直言うと、企業が第二新卒に何を求めているのかなんて、

当時の自分には全く分かりませんでした。

 

ただ、

 

第二新卒には企業が一体何を求めているのかを把握していれば、

もっと自分にあった仕事に就くこともできたかもしれません。

あなたが新卒入社で転職するためのタイミングを伺っているようでしたら、

今回、この記事でご紹介する内容が参考になればと思います。

 

(前回は、やりたい仕事がない-間違った選択で後悔しないためににて、

やりたい仕事がないからと仕事選びで後悔しないための考えをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

転職するのにタイミングは必要か?

 

あなたが今、勤めている会社を辞めたいと考えているのは、

転職するタイミングとは全く関係のないところだと思います。

 

なぜなら、

 

辞めたいと思わないなら今の仕事を辞める理由もないからです。

 

なぜ今の会社に不満があるのでしょう。

 

それは、

 

  • 自分が思っていたこととは違っていた
  • 自分には向いていないと感じている
  • このままこの会社でやっていく自信がない
  • 社風や人間関係が合わない

 

などのような理由があるのではないでしょうか。

そこでは転職のタイミングなどまだ考えていないのではないでしょうか。

 

また、

 

転職のタイミングを考えたとしても、

企業が第二新卒者へ求めるものと合致していなければ、

転職のタイミングを考えたところでズレていると言わざるを得ません。

それよりも大切なのは、転職先の企業が何を求めているのかが肝心です。

 

 

企業は第二新卒者に何を求めているのか?

 

今では大卒での離職率は、

3年以内に約3割以上が辞めていると言われています。

 

また、3年以内に仕事を辞めてしまう背景には、

相次ぐ不況による採用数の減少により就職することが難しく、

自分に合った就職先に就くことができないことが原因でもあるようです。

 

つまり、

 

多くの新卒入社が自分に合った仕事に就けていない事実があるのです。

 

そんな状況では、第二新卒者が増えても当然なのかもしれません。

一方で企業側は第二新卒者に何を求めているのでしょうか。

 

はっきり言うと、

 

新卒と同じく即戦力としては期待されていません。

 

ただ、第二新卒者が新卒よりも有利になるのは、

決して長くはないけど基本的なビジネスマナーを心得ているという点です。

これは、よくあるビジネス検定などの知識というものではなく、

社内でのコミュニケーションや実際の実務能力のことです。

 

ある程度は身についている分、

 

0から1ではなく1の状態から教えることができるのは、

企業側としてもより早く戦力として成長してくれるので有り難いはずです。

そんな第二新卒者からやる気が感じられれば、面接官も心が動くと思います。

 

 

第二新卒者が転職のタイミングを誤って後悔しないために

 

あなたは今、転職をしたいと考えているかもしれませんが、

どんな基準で転職先を選ぼうと考えているでしょうか。

もし、そこのところでパッと答えが浮かばないのであれば、

これまでの精神的に辛い日々を繰り返してしまう恐れがあります。

 

そんな転職への多大なエネルギーを消費して

やっと次の仕事に就いたのに同じことを繰り返して後悔しないためには、

もっと違う角度から自分を知る方法を得ることがとても重要となってきます。

僕は1年3ヶ月で就職した会社は、結局1年2ヶ月で辞めてしまいました。

その理由は、自分が何が向いているのかの基準が分からなかったからです。

なので合わない仕事を無理してやってましたが結局は続かなかったのです。

 

そこで転職先をハローワークを活用する人も多いと思います。

確かに最寄りのハローワークならば近くに良い条件があるかもしれません。

そこで希望に合った職種に出会える確率は圧倒的に高めていくために、

 

転職サイトも合わせて活用していくことも大切です

 

ハローワークの求人は職員が企業に頼んで載せていて、

企業はより厳しい条件でしか採用しないと言われていますが、

ハローワークも転職サイトも両方とも活用することが効率的です。

 

そして今の時代はスマホが圧倒的に普及しています。

欲しい情報はいつでも簡単に手に入れることができます。

条件の良い求人も情報を上手く活用することが重要なのです。

 

少し手間でも後々のことを考えればその方が良いと思いませんか?

 

僕達はいつでも手軽に情報を知りたいと思うものですね。

そしてハローワークも転職サイトもスマホで手軽に情報が入手できます。

企業としても求人への募集はスマホ対策が必須と言えます。

 

僕はハローワークの紹介で1年以上続いた仕事は、

二十歳の頃に唯一正社員として入社した会社だけでした。

しかもその会社では1年2ヶ月という短い期間でした。

 

失敗しないためにもっと多角的に情報が入る環境作りが大切です。

 

また転職サイトを活用することのメリットとしては、

登録することで適職診断を受けることができたりします。

仕事に対する価値観と自分の性格を知るための診断です。

転職したいと思ってもどんな仕事が良いのか分からない。

また同じ失敗を繰り返したくないのであれば自分を知ることが大切です。

 

多くの人は、現状に不満を抱きながら仕事を続けてしまいます。

このまま何もせず不満と迷いの中で我慢をして仕事を続けるのか、

それともちょっとした行動がキッカケで人生を切り開くカギとなるか。

20代という輝かしい時間の使い方は非常に貴重なものです。

 

なので自分が本当はどんな仕事が向いているのか知る手掛かりとして、

転職を専門に扱う転職サイトを利用することもひとつの方法です。

 

またどんな仕事を選んだら良いか分からない場合、

そして自分の才能や本当に好きなことが何なのか分からない場合、

自分に向いてる仕事がわからない35歳までの適職の見つけ方では、

自分を知るための適職を見つけ出すための診断テストを紹介しています。

好きなことを見つけるための可能性を見出すきっかけとなるでしょう。

ぜひ、一読することをお勧めします。

 

あなたの転職の良いタイミングとなることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ