仕事がついていけない人が次の転職に失敗しない考え方

仕事がついていけない人が次の転職に失敗しない考え方

 

今の仕事が辛くてついていけない・・・

嫌いな上司に精神的に苦しめられてどにもならない・・・

もうこれ以上、我慢し続けることに限界・・・

 

仕事についていけないのは、

業務内容が向いてないとか覚えられないのもありますが、

人間関係で精神的についていけないこともあります。

むしろ今の時代は、その方が多いのではないでしょうか。

 

つまり精神的に辛いけど我慢し続けていることです。

 

時代の流れは目まぐるしく変化しています。

よく聞く終身雇用制度や年功序列制度は崩壊し、

今では正社員になることも簡単ではなく派遣やパートなど、

非正規社員での雇用数も年々増えてきています。

 

ここにいても将来に希望が持てるわけでもないのに、

仕事がついていけないことに悩まされる日々・・・

そんな今の現状をどうやって変えていけば良いのでしょう。

 

(前回は、好きでもない仕事を頑張ろうなんて考えてませんか?にて、

好きでもない仕事を頑張る結果とこれからの見つめ方をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

給料は安いのに求められることが多い

 

大量の仕事を最短でこなすことを求められる。

今の時代では特に仕事のスピード感が上がってきてます。

そしてそのスピードに追い付けない場合は、

残業や休日出勤、また夜勤をするなどして、

スピードを時間で補おうとするのが現状です。

 

ところがです。

給料の面から見たらいかがでしょうか。

何とか生活できるか、あるいは生活が困難な人もいます。

月によっては赤字になって貯金を切り崩す人もいます。

 

だけどバブルが弾ける前の時代はいかがでしょうか。

これほどまでに仕事の能率や効率など求められてはいません。

なぜなら現代ほど社会が複雑になっていなかったからです。

 

電化製品ひとつにしても性能はグンと上がっています。

そうなると製造する側に求められる技術や生産効率が求められます。

営業にしたって昔と比べて消費者はずいぶん賢くなっています。

力技で売れていた時代も今では全く通用しなくなっています。

 

だけどバブルが弾けて以来、

給料は満足できるほど手に入らないどころか、

定年まで安定して働くことすら困難になってきました。

今では転職経験者の方が圧倒的に多い時代なのです。

 

 

自分のペースでできる仕事ができるのが一番

 

こうして社会のニーズに対応するために、

会社は社員に無理をさせて働かせざるを得なくなります。

苦労するのはいつも従業員の立場ではないでしょうか。

 

他人に気を使うのはしんどくなるのと同じように、

仕事も会社のペースに合わせるのはしんどいです。

好きでもない仕事なら尚更ついていけないと感じるはずです。

 

だけど自分のペースで仕事ができる人は心地が良いと思います。

 

それがどんなに忙しかろうと、

結局自分のペースで仕事ができることが一番だと思います。

自分のペースで仕事ができるとは言い換えると、

 

自分が自由にコントロールできることとも言えます。

 

僕達は他人に強制されることは嫌ですね。

だけど自発的にやろうとすることはそうでもないはずです。

夏休みの宿題も親や先生に言われると嫌になりませんでしたか?

だけど自分からやろうと思った時は嫌とは感じなかったはずです。

そしてここに転職に失敗しないヒントもあるのです。

 

 

転職を考える基準を誤ると失敗する

 

  • 待遇は良いけど、激務についていけない
  • 福利厚生はしっかりしてるけど、精神的に辛い
  • しっかり稼げるけど、仕事は退屈

 

転職に失敗するパターンのほとんどは、

求人票や広告などの書いてある内容を基準に考えるからです。

書いてある内容ばかりに目を向けるので頭で判断して、

本当は何がしたいのかの気持ちの部分が分からないのです。

なので「忙しいけど退屈」なんて悩みを抱えてしまうのです。

 

  • 忙しいけど、楽しい
  • 今は辛いけど、将来に期待がある
  • 大変だけど、やりがいがある

 

決して100%納得できる環境は簡単ではないかもしれないけど、

それでも少しでも納得できる仕事を選びたいものですね。

すぐには希望の転職先が見つかることは難しいかもしれませんが、

次にお伝えする項目でそのヒントが見えやすくなります。

 

 

成功することが当たり前という前提で考える

 

僕達は手に入れたいものがある時、

それを実現することは難しいと感じていまいます。

なぜなら、今それを手に入れてないからです。

 

  • 気になる異性に話し掛けて仲良くなる
  • ダイエットに励んで理想のスタイルを手に入れる
  • 大勢の前で堂々と緊張せずに最後まで話す
  • 節約をして年内に100万円を貯める
  • もっとやりがいのある仕事に転職する

 

いかがでしょう、

これらを実現することは難しいと思いませんか?

ということは実現しない視点から考えているからなのです。

 

そうではなく成功して当たり前という前提で考えるのです。

 

僕が仕事を辞めて独立することができたのは、

独立するのが難しいと思っていたらできませんでした。

できるかもしれないと思い、独立することを前提で行動してました。

だって、あなたもよくよく考えてみて下さい。

 

世の中に成功している人がいるのに、なぜ自分にはできないのでしょう。

 

成功している人がいるならできそうな気がしませんか?

というよりはできないことの方が腹が立ってこないでしょうか。

なぜ他人にできて自分にできないということになるのか。

成功している人がいるなら自分もできて当然だ!

あなたにだってそれは同じことが言えるのです。

 

できないかもしれないという前提で考えていたら、

やる気もモチベーションも感情にスイッチも入ることはありません。

誰かにできるのならあなたにもできるという前提で考えるのです。

少しずつでもそれを意識していくことが大切です。

 

 

我慢、我慢、我慢では報われない時代

 

仕事がついていけない人は増えています。

ずっと我慢しても何も得ることがないからです。

どころから大切な人生という時間を無駄遣いさせられます。

 

会社はあくまで利益優先なのが本質です。

 

これは社会に生き残っていく以上は仕方のないことです。

会社を恨んでも社会そのものがそうなのでどうにもなりません。

 

それよりもあなたが生きていくために必要な考え方を身に付ける

 

それは誰にも教えてくれることがないので、

辛いからと会社を辞めることは逃げることじゃないかとか、

みんなも同じように苦しいんだから自分も頑張らないといけないとか、

そんな古い価値観に縛られてしまって前に進めないのです。

 

最初にもお伝えしましたが、時代の流れは目まぐるしく変化しています。

 

なのに考え方はバブル時代の価値観で考えてしまうのです。

それはあなたの周囲に新しい考え方を教えてくれるものがないからです。

だけど考え方を変えて勇気をもって行動していく人は人生を変えてます

いつまでも我慢し続ける仕事をしても報われないのが今の時代です。

ということは新しい価値観で判断していく必要があるのです。

 

僕もいきなり考え方を変えられたわけではありません。

まずは頭で理解して日常の中で意識してみて下さい。

人間の脳は潜在的に浸透するまでには時間が掛かります。

新しい価値観に触れられることを常に意識していきましょう。

 

心から望む生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ