転職を繰り返す人の3つの心理と答えを見つけるための方法

転職を繰り返す人の3つの心理と答えを見つけるための方法

 

働かなければいけないんだけど、

仕事を辞めては転職を繰り返して焦りが出てしまう・・・

次第に落ち込んで自分はダメなだと感じてしまいそうになりませんか?

 

何でもそうですが物事が続かない時って、

何故か全てが上手くいかないように感じてしまいますね。

自分には向かないとか、継続することができそうにないとか、

特に働かなければいけないのに転職を繰り返してしまう場合、

余計にでも焦りや不安が出てきてしまうのではないでしょうか。

 

転職を繰り返す心理は、転職先に不満を感じてしまうから。

 

シンプルにこれだけだと思います。

決してそれは悪いと言っている訳ではありません。

大切なのはそうした気持ちと向き合って、

 

じゃあ自分は本当は何がしたいのか?を問い続けることです。

 

その答えがなかなか見つからないから不満に感じてしまうだけ。

もし心から納得できる環境と出会うことさえできれば、

何度も転職を繰り返してしまうことはないのではないでしょうか。

今回は、転職を繰り返してしまう人の心理についてお伝えします。

 

(前回は、転職で失敗してすぐ辞める人の4つの特徴と解決策にて、

転職で失敗して止めてしまう人の特徴と感情と向き合う解決策をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

転職したいと思うようになった動機

 

あなたが転職をしたいと思うようになった動機は何でしょうか。

僕はトータルで20社以上の転職を繰り返してきました。

 

  • 仕事が肉体的にきつかった
  • 人間関係で精神的に辛い思いをした
  • 会社が倒産して辞めざるを得なくなった
  • 将来的にずっと続けたいと思わなかった
  • 給料が低すぎてやっていけないから

 

このように今勤めている会社への不満が動機ではないでしょうか。

そしてもうひとつは、次の職場への希望も動機になっていると思います。

ただ僕自身の経験の中からでも言えることは、

 

ネガティブな気持ちで転職をしてしまうと失敗しやすいということです。

 

「あいつのせいだ」と自分は被害を受けたと思っていないでしょうか。

確かにきっかけはそこに存在した人や出来事かもしれません。

ですがもし転職を繰り返してしまうようであれば、

自分がどういう気持ちからその行動をとっているのか。

その部分を見つめることが非常に重要になってくると思います。

 

 

1、必要以上に批判的になってしまう

 

「社風が合わない・・・」

 

仕事を辞める人でこのように言う人もいます。

確かに会社ごとに独自の雰囲気やルールが存在しますね。

会社に馴染めなかったら疎外されているようにも感じてしまいます。

会社と合わなくて批判的な気持ちになってしまうのは仕方ありませんが、

 

必要以上に批判的になってしまうのはかえって自分を苦しくさせます。

 

あなたが嫌いな人を1人思い浮かべて下さい。

きっと最初の頃は、今よりも嫌いな気持ちが薄かったのではないでしょうか。

人の脳は無意識にフォーカスした方向へと向かう機能があります。

批判的に思うとあれもこれもと余計に批判的になってしまうのです。

 

 

2、仕事を選ぶ基準を定めていない

 

「こんな会社だと思わなかったよ・・・」

 

このように思って後悔したことはないでしょうか。

僕は二十歳の時に唯一正社員として入社した会社を思い出します。

あの時は入社3日で「辞めるかもしれん」と母親に言ってました。

このように思ってしまうのは会社のことを知らずに入社したからです。

 

100%は無理であっても自分の条件をしっかり決めておくことです。

 

入社して後悔してすぐに辞めて転職を繰り返してしまう人は、

一度自分の基準を明確に定めることが大切になると思います。

なぜなら何の基準もなく選んでしまうので後悔に繋がるからです。

 

 

3、自分のことがよく分かっていない

 

僕の友人の1人に性格的に向いていないのに、

営業職を選んで合わない仕事をし続けた人がいました。

やはり彼も転職を繰り返すという悩みを抱えていました。

会社としては中途採用者には即戦力を求めるものではありますが、

 

自分の性格的に向いていないのに会社に合わせるのは自滅します。

 

その友人は自分のことがよく分かっていませんでした。

5年ほど転職を繰り返しては悩み続け、今は不動産会社に落ち着きました。

たとえカッコ悪くても自分に合う仕事を選ぶことは大切だと思います。

 

 

自分が何をしたいのかを知るための手掛かりは「感情」にある

 

「自分が何がしたいのか分からない・・・」

 

これはほんとに多くの人が抱えている悩みだと思います。

僕も20代はずっとこの悩みを抱えて生きてきました。

ほんとに何がしたいのかって分からないものですね。

ですが分からない人は大抵、頭で一生懸命に思考しているからです。

 

何でもいいので昔の楽しかった時のことを思い出してみて下さい。

 

友人達とはしゃいだ時のことかもしれませんし、

好きな事に集中して取り組んでいた時のことかもしれません。

その時の自分がどんな気持ちだったかを思い出して欲しいのです。

 

「ああ、これが自分の道だったんだ・・・」

 

このように心から思える時は気持ちで理解します。

まるで愛してくれる女性は身近なところにいたかのようにです。

そうした瞬間は感情で感じるものではないでしょうか。

 

同じように自分が何がしたいかも感情で感じるものなのです。

 

頭で考えることは一旦脇に置いておいて、

どんな気持ちで仕事をしたいかを感じてみてはいかがでしょうか。

それが自分の答えを見つけるための方法です。

 

良い仕事に出会えることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ