今よりいい会社と思って転職しても失敗する本当の原因

今よりいい会社 転職

 

今働きながら転職活動をしてる・・・

今よりいい会社があれば転職をしたい思ってる。

今の会社に不満があれば抵触したくもなりますね。

今の時代、転職なんて珍しいことではありません。

 

一方で転職に失敗する人が多いのも事実です。

 

今よりいい会社に入りたいと思って、

思い切って決断したにも関わらず失敗する・・・

それは会社を選ぶ条件に問題があるのです。

 

僕達は自分が本当は何を求めているか?

 

このことを知らないまま生きています。

今回は今よりいい会社に転職したいと思ってる人に、

転職に失敗する人に共通していることをお伝えして、

自分の本音を知るシンプルな方法を紹介します。

 

前回は、転職は選び方を間違えると失敗を間抜きますが、

成功に繋げるためのある概念についてお伝えしました。

転職探しで失敗と成功を分けるある重要な概念

スポンサーリンク

ただ条件がいいから選んだ会社は失敗する

 

あなたは好きでもない人と付き合えますか?

そして好きでもない人と結婚したいでしょうか?

そんなことは天地がひっくり返っても無理ですよね。

 

では好きでもないけど仕事が安定している場合は?

そして好きでもないけど凄く性格が良い人の場合は?

また好きでもないけど人として尊敬できる場合は?

 

いかがでしょう。

少し悩んでしまわないでしょうか。

けどこのどれかを選んでも失敗してしまいます。

 

なぜなら「好き」じゃないからです。

 

確かに性格がよくて尊敬できる人は素晴らしいけど、

その人を好きになれなければ幸せにはなれません。

それは5年10年経つごとに虚しくなっていきます。

 

これって仕事に対しても全く同じことが言えます。

給料が良いとか、残業が少ないとか、業務が合ってるとか、

こうした条件を今よりいい会社と判断して転職すれば、

結構な割合で失敗したと思う人が多いようです。

それは5年10年経つごとに思うようになり、

 

「結局何のために生きてるんだろう・・・」

 

と人生に迷いを感じるようになります。

もちろん偶然上手くいくケースだって時にはあるでしょう。

けど外側の条件で判断すると失敗のリスクは高いです。

 

ということは外側ではなく自分の内側を見ること。

それが転職先が天職になる重要な視点なのです。

けど自分の内側を見るって言われても難しいですよね。

何をどう自分を見ていいか分からないと思いませんか?

 

 

今よりいい会社ではなく自分が何を求めてるのか

 

僕は3年前に独立する以前は、

製造業の会社員として働いてました。

この会社で働いた理由は給料が良かったからです。

先ほど言った通り、条件がいいから選んだんです。

 

けど人間関係に苦しんだしり、業務内容も退屈だったし、

何よりも年数を重ねるごとに給料が減っていきました。

唯一のモチベーションである給料すら絶たれてしまい、

 

「ああ、俺は何やってんだろう・・・」

 

と憤りと途方に暮れた日々を過ごしてました。

その時に分かったことがひとつだけありました。

それは自分と向き合っていなかったことです。

今までの生き方とどうだったかと言うと、

 

  • 他人の軸で生きていた
  • 他人の期待に応えようとしていた
  • 自分の得意なことばかり考えていた

 

要するにそこに自分が存在してないんです。

自分が本当はどうなりたいと思っているのか?

そこにフタをして条件のいい会社を選んでたんですね。

これが今よりいい会社と思って転職しても、

失敗してしまう本当の理由です。

 

だからこそ自分が本当は何を求めているのか?

 

このことを知る必要があるわけです。

けどいきなりそんなことが分かるはずもありません。

分かってたら今頃は好きなことで生きてます。

ではどのような考え方をすればいいかと言うと、

 

  • 他人の軸で生きていないか?
  • 他人の期待に応えようとしていないか?
  • 自分の得意なことばかり考えていないか?

 

このことを自分に問い掛けてみるのです。

つまり自分が何を求めているのか分からないなら、

逆のところから自分に問い掛けてみるわけです。

無意識に自分より他人ばかりを意識してなかったか?

それを思い出すことで自分を知ることができます。

 

ここがズレているとどこに行っても同じです。

自分を蔑ろにして生きてると不幸になるのです。

これは他人を無視しろというわけではありません。

 

 

合わない場所を手放す覚悟

 

またこれはよくあることですが、

仕事に一生懸命になっているうちに、

それがやりがいになっていくというパターンです。

 

いきなり「これだ!」と勘が働くような、

そんな出会いっていきなり分かることは稀な話です。

大概は今やってる仕事を一生懸命にやってるうちに、

それが板についてやりがいへと変わっていくのです。

 

けど会社に長く居れば居るほど、

精神的に追いつめられていくパターンもあります。

あなたは入社当時と今とでどんな精神状態でしょう?

また1日の中でどんな感情を味わう割合が多いですか?

 

もし、あなたにとってマイナスと感じるなら、

その場所に居てもこの先報われることはありません。

だからこそ今よりいい会社に転職したいのだと思いますが、

 

では、今を手放す覚悟は本当にありますか?

 

ということが自分に問われてくるのです。

当時の僕も何度も面接を受けたりしてました。

けど覚悟が足りずに結局転職することができませんでした。

結果、精神的に限界がきて会社を逃げ出してしまいました。

結局は合わない場所は離れてしまうものだと思います。

 

また合わない仕事を続けるよりも〜にあるように、

合わない仕事には見えない様々なデメリットがあり、

気付かずに悪循環の深みへとハマってしまうのです。

 

 

人は幸せになるためにこの世に生まれきた

本日のまとめ:

  • 条件がいいからと選んでも最終的に虚しくなる
  • 自分が本当は何を求めているのかを知る
  • 結局は合わない場所は離れてしまうもの

 

仕事にやりがいを感じないとか、

仕事にやりがいがあって楽しいとか、

それらは全て自分の感情が決めることです。

 

人生とは何を感じているかで決まるのです。

 

そしてもっと大事なのは、

 

自分が何を感じたいのかを知ること。

 

自分のことが分かってないのに、

今よりいい会社に転職したって失敗しやすいのです。

またこれも誤解されていることが多いですが、

才能とは特別な能力というわけではないのです。

 

それは結果として能力が磨かれただけのことで、

好きなことってとことんハマるじゃないですか?

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、

好きなことなら嫌でも上手くなるわけです。

結果として人より優れた能力を手に入れてるのです。

 

才能ってそれに対して情熱があるかないかです。

情熱があるところには才能も同時に眠ってます。

仕事が上手くいかなくて人生に迷いを感じる時って、

自分が何のために生まれてきたのかと悩んだり、

自分は何がしたいのか分からなくなったりしますが、

 

人は幸せになるために生まれてきたのです。

 

例えば人間関係だって良くしたいわけですよね?

誰だって好き好んで悪くしたいと思わないはずです。

友達や家族と上手くいかなくても本当は良くしたい。

上手くいかなくてケンカとかすれ違いとかあるけど、

でも本当は良くしたいという思いがあるから悩むわけです。

 

僕達は人生で迷うことがしばしばありますが、

それは良くしたいという前提があるからこそ、

迷って悩んで苦しんだりするわけです。

 

関連記事:

転職活動って何でこんなに辛いのか?行き詰まり解消の視点

転職活動がうまくいかない時の心から納得できる仕事の探し方

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ