30代からの転職で急にやる気を失う人が知っておきたいこと

30代からの転職で急にやる気を失う人が知っておきたいこと

 

20代後半くらいから自分の生き方に疑問を感じはじめ、

30代に入って転職しよう考える人は昔に比べて増えています。

しかし、30代からの転職は失敗することが怖く感じませんか?

 

「もし、転職先で上手くいかなかったら・・・」

「もし、今の仕事よりもやりがいがなかったら・・・」

「次の会社では上手く人間関係を築けるだろうか・・・」

「辞めて次の転職先がすぐに見つからなかったら・・・」

「貯金が底をついて生活できなくなってしまったら・・・」

 

このように先の不安を強く感じてしまいます。

僕も34歳で会社を退職する時は不安で散々迷いました。

辞めるまで4年近くはずっと悩み続けてました。

 

また今現在、転職活動中という人の場合、

最初は強い意気込みがあったけど次第にやる気がなくなって、

妥協に妥協を重ねてもどうしても転職先が決まらない・・・

そんな空回りから辛くなることもあるかもしれません。

 

そこでそんな空回りで辛くなる前に、

30代からの転職活動で望む仕事を探せるように、

ぜひ、知っておくことで失敗を回避できることをお伝えします。

 

(前回は、転職活動がうまくいかない時の心から納得できる仕事の探し方にて、

自分の心の問題点を見つめ直すことの仕事の探し方についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

動機がネガティブからだと不安になりやすい

 

あなたが転職を考えている理由は何でしょうか?

待遇でしょうか、人間関係でしょうか、それともやりがいでしょうか。

きっと転職したいと思うだけの理由があるかと思います。

 

そこでハローワーク、転職サイト、転職エージェントや、

または新聞の折り込みチラシや求人情報誌など、

いろんな方法で情報を集めては希望の仕事を探すかと思います。

しかし、いざ面接を受けて環境の変化が間近になってくると、

急に不安に感じてやる気がなくなってしまうことがあります。

 

その理由は、転職の動機がネガティブなところから始まっているからです。

 

僕は以前勤めていた会社ではパワハラを受けていました。

製造業だったので直接の上司は班長なのですが、

その班長から罵られ、細かいことをチクチク刺されてきて、

だけど生活のためには我慢しなければいけない・・・

 

そんな時に我慢の限界で嫌になった時に転職活動を行ってました。

だけどいざ面接を受けて採用間近になると理由をつけて断ってました。

今の現状を変えて新しいことへ挑戦するエネルギーが湧いてこないのです。

そうなると先の不安の方が強くなって結局行動できなくなってました。

 

 

今までと同じパターンを変えること

 

このようなパターンにハマってしまい、

2011年から2014年3月までの約3年間、

ずっと同じ過ちを繰り返してずっとパワハラに耐え続けてました。

 

だけど成功したければ今までのパターンを変える必要があります。

 

もしあなたが急にやる気が落ちて転職が上手くいかないなら、

今まで同じことを繰り返してもやはり同じ結果になるだけで、

違う結果を得たければネガティブな動機を変えなければいけません。

 

たとえば素敵な恋人がほしいならば、

今までのような期待するだけで出会いの場に行かないとか、

自分から積極的にならずに誰かから声を掛けてくれるのを待つとか、

今までと同じパターンだと素敵な恋人は手に入りません。

 

どこかで自分が変わって違う行動をしなければいけないのです。

 

30代から転職をしようと思っているなら、

確かに希望の職種を見つけるための情報収集も大切ですが、

自分のパターンを知っておくことが成功への道となります。

 

 

心のどこかで「上手くいかない」と思ってませんか?

 

もうひとつ知っておいてほしいことがあります。

たとえば何かで成功した人がいたとします。

大抵の人はこのように言ってしまいます。

 

「それは○○さんだから、上手くいったのでしょう?」

 

それは謙遜して言っていることもあるかもしれませんが、

自分には無理だという暗示を掛けることにもなるのです。

 

「希望の職種に就けるなんて無理・・・」

「妥協しなければ仕事なんてない・・・」

「どの会社に入っても同じかもしれない・・・」

 

どこか自分には無理だと思っている部分は、

誰にだってあるのであなただけではないのですが、

こうした自分の気持ちは自分の中にしっかりあるのだと、

 

心の中で意識しておくことで注意することができます。

 

たとえば良品と不良品を分ける仕事をする時、

良いか悪いかを注意して見るからこそ見極めることができますね?

それと同じように自分の心の中の感情の動きを注意するのです。

たったそれだけのことなのです。

 

問題なのは無意識に気持ちが流されることです。

「自分はダメだ」という暗示が本当の現実となってしまうのは、

このようなネガティブな感情をしっかりと認識しておくことで、

注意して生活を送っていないから感情に流されてしまうのです。

 

なので、いざ転職することが現実になろうとしている時、

急にやる気がなくなって元の状態に戻りたくなってしまうのです。

ネガティブな感情もしっかりと認識することが大切です。

 

 

自分の弱さもしっかりと受け止めることが大切

 

僕はネガティブな動機で辞めようとしても、

それでは結局、仕事を辞めることはできませんでした。

また心のどこかで「上手くいかない」とも思ってました。

 

つまり、行動はすれど自分を信じていなかったのです。

 

これでは転職だって成功するはずがありません。

そこで今の自分の陥っているパターンを止めて、

自分は本当はどうしたいのか?と自問自答していきました。

 

その結果、2014年1月から副業をはじめ、

2015年4月から独立して会社を辞めることができました。

あなたが転職活動が上手くいかないと悩みを抱えているとしたら、

 

それは自分を信じられない思いが心の中にあるからです。

 

それは大概ネガティブな感情で、

ほとんどの人は嫌な感情は見ないようにフタします。

本当はしっかりと味わって受け止めることで、

人は本当の意味で変わって次のステージに上がれるのです。

 

自分の弱さを受け止めて前に進めることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ